みえジビエ

~自然の恵みいっぱいの安心・安全で美味しい三重のごちそうをみんなで楽しもう!~

***「みえジビエ」とは、三重県が運用する「みえジビエ登録制度」に登録された事業者が扱う、県内で捕獲された野生の鹿肉及び猪肉のことをいいます。 三重県では、野生の鹿肉や猪肉を、より安全で美味しく食べていただくために、県が基準を定めた「『みえジビエ』品質・衛生管理マニュアル」を策定し、その基準により、より高度な衛生管理や高品質の食肉の確保を進めています。***

みえジビエのお店検索

地域で選択

みえジビエの食べられるお店・みえジビエの買えるお店を検索できます。

地図、または下記リンクから地域を選択してください。

  • 北勢地域……いなべ市・桑名市・東員町・木曽岬町・朝日町・川越町・四日市市・菰野町・鈴鹿市・亀山市
  • 中勢地域……津市・松阪市・明和町・多気町・大台町
  • 伊賀地域……伊賀市・名張市
  • 伊勢志摩地域……伊勢市・鳥羽市・志摩市・玉城町・度会町・大紀町・南伊勢町
  • 東紀州地域……紀北町・尾鷲市・熊野市・御浜町・紀宝町
  • その他地域……県外各地
お店検索用の地図 北勢地域 中勢地域 伊賀地域 伊勢志摩地域 東紀州地域 その他地域

ジャンルで検索

下記リンクからジャンルを選択してください。

協議会からのお知らせ

2019年03月22日
みえジビエフェア スタンプラリー抽選会を行いました!
1月31日まで行っておりましたみえジビエフェアスタンプラリーにたくさんのご応募(1,901件)
をいただき、ありがとうございました。
3月7日(木)に厳正なる抽選の結果、神奈川県 木村様他29名の方が当選されました。
当選された方々には「みえジビエ商品」を発送させていただきました。
2019年02月07日
みえジビエホームページ企画提案コンペの質問にかかる回答について(資料あり)
この度はみえジビエホームページ企画提案コンペへのお申し込みありがとうございました。
企画提案コンペにかかる質問への回答を掲載いたします。
2019年02月01日
みえジビエホームページ整備業務委託にかかる企画提案コンペについて(書類一式)
みえジビエ推進コンソーシアムでは、「みえジビエホームページ整備業務委託」に
かかる企画提案コンペを次のとおり実施します。

1 委託業務の概要
(1)委託業務名	みえジビエホームページ整備業務委託
(2)委託期間	契約の日から平成31年3月25日(月)まで
(3)委託内容   「みえジビエホームページ整備業務委託仕様書」
のとおり

2 契約上限額
5,940,000円以内(消費税及び地方消費税を含む)

3 参加条件
  次に掲げる要件をすべて満たした者とします。
 (1)地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しない者であること。
 (2)農林水産省の機関及び三重県から入札参加資格(指名)停止を受けている
期間中でない者であること。
(3)三重県物件関係落札資格停止要綱により落札停止措置を受けている期間中である者
または、同要綱に定める落札資格停止要件に該当する者でないこと。
(4)三重県が賦課徴収する税または、地方消費税を滞納している者でないこと。
(5)法人格を有する者であること。
(6)委託業務の履行について、常に連絡調整ができるような体制を整えておける者であること。
(7)提案は、1事業者につき1件までとします。

4 企画提案コンペの実施方法
  提案者は、下記に定める企画提案資料を提出期限までに提出すること。
  本仕様書に基づき提出された企画提案資料について、別に設置する「みえジビエホームページ
整備業務委託企画提案コンペ選定委員会」(以下「選定委員会」という。)において、総合的に
審査のうえ、最優秀提案を選定し、その提案を提出した者と委託契約を締結します。
  なお、最優秀提案は、条件を付与したうえで選定する場合があります。(提案者は、付与された
条件を承諾できない場合は、提案を取り下げることができます。)
 (1)提出を求める企画提案資料及び提出部数
   ① 企画提案コンペ参加資格確認申請書(様式1)・・・・・1部
     ※「登記簿謄本」等の要添付書類(コピー可)を含む。
   ② 見積書(様式2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・7部
     ※委託内容の項目ごとに数量、単価を示した金額を可能な限り詳細に記載すること。
     ※諸経費の上限は、直接経費の20%以内とする。
     ※消費税相当額が分かるように記載する。
③ 企画提案書(様式任意)・・・・・・・・・・・・・・・7部
  ・A4版 30ページ以内とする     (正本1部、副本6部)
   ④ 実施体制(様式任意)・・・・・・・・・・・・・・・・7部
     ※他の事業者に再委託を行う場合、その事業者名を記載し、業務内容を明記する。
   ⑤ 実施スケジュール(様式任意)・・・・・・・・・・・・7部
   ⑥ 直近3ヶ年の財務諸表(貸借対照表・損益計算書)・・・7部(コピー可)
   ⑦ 提案事業者の概要書
     ・事業者の組織概要(名称、所在地、設立年月日、資本金、従業員数等)、組織体制
(主な事業所を含む)沿革等を簡潔に記載したもの(自社パンフレット等)・・・・・・・・7部
   ⑧ 契約実績証明書(様式3)・・・・・・・・・・・・・・1部
     ・過去3年の間に当該契約と規模をほぼ同じくする契約を締結し、当該契約を履行した
実績の有無を示す証明書。
   ⑨ その他
     ・今回と同様の業務実績がある場合は、成果の概要が把握できるもの
                     ・・・・・・・・・・7部
 (2)提出期限  ①企画提案コンペ参加資格確認申請書(様式1)のみ
平成31年2月5日(火)15時必着
          ②~⑨
          平成31年2月12日(火)15時必着
 (3)提 出 先  〒518-0809 三重県伊賀市西明寺2870
          みえジビエ推進コンソーシアム事務局
 (4)提出方法  上記提出先へ持参または、郵送による送付に限ります。
 (5)受理の確認 提出書類等を郵送で提出する場合は、提出期限までに電話で提出先に
書類受理の確認をすること。
 (6)第1次審査(書類審査)の実施
    ・実施日時 平成31年2月13日(水)を予定
     (なお、申込数が10件に満たない場合は、第1次審査を省略する)
 (7)第2次審査(プレゼンテーション審査)の実施
    ・実施日時 平成31年2月15日(金)を予定
    ・プレゼンテーションは提案者による説明15分、選定委員会の質疑10分とします。
    ・プレゼンテーションの時間割は、平成31年2月13日(水)16時までに
電子メール又はFAXにて連絡します。
 (8)選定のための評価基準
    審査にあたっては、以下の諸点を重視して総合的に評価します。
   (ア)企画性
    ・アイディアが盛り込まれ、実現性のある提案となっているか
    ・事業成果が期待できる内容となっているか
   (イ)的確性
    ・事業の目的をよく理解し、仕様書に合致した適切な提案内容となっているか
・実施スケジュールなどが具体的であり、計画を確実に実行できる体制が整備されているか
   (ウ)専門性
    ・業務遂行のために必要な情報を収集及び分析する能力があるか
    ・過去に当該業務に類似の業務を行った経験を有しているか
   (エ)経済性
    ・費用対効果の観点から事業予算額は効率的であるか
    ・見積額及び積算内訳、根拠、ランニングコストは適当か
   (オ)実効性
    ・直近の収支状況において安定した事業運営を行っており、委託業務を適正に
運営していける財務状況であるか
    ・能力のある経験豊かな職員を常時確保し、委託業務を適正に遂行していける
組織体制をとれるか
 (9)審査の結果
   ①第1次審査(書類審査)
    審査の結果は、10社を決定した後、提案したすべての者に対して速やかに通
知します。
   ②第2次審査(プレゼンテーション審査)
    審査の結果は、最優秀受託候補者を決定した後、提案したすべての者に対し
て速やかに通知します。(電子メール及びFAX)
    なお、最優秀受託候補者には別途文書にて通知します。

5 最優秀受託候補者に提出を求める資料の内容
(1)	消費税及び地方消費税についての「納税証明書(その3 未納税額がないこと用)」
(所管税務署が企画提案書提出期限の6ヶ月前までに発行したもの)の写し
(2)三重県に本支店又は営業所等を有する事業者にあっては、県税についての「納税確認書」
(三重県の県税事務所が企画提案書提出期限の6ヶ月前までに発行したもの)の写し

6 契約方法に関する事項
(1)契約条項は、みえジビエ推進コンソーシアムにおいて示します。
(2)契約保証金は、契約金額の100分の10以上の額とします。ただし、会社更生法
(平成14年法律第154号)第17条の規定による更生手続開始の申し立てをしている者若しくは
申し立てをされている者又は民事再生法(平成11年法律第225号)第21条の規定による
再生手続開始の申立てをしている者若しくは申立てをされている者(以下これらを
「更生(再生)手続中の者」という。)のうち三重県建設工事等入札参加資格の再審査に
係る認定を受けた者(会社更生法第199条1項の更生計画の認可又は民事再生法第174条1項の
再生計画の認可が決定されるまでの者に限ります。)が契約の相手方となるときは、納付する
契約保証金の額は、契約金額の100分の30以上とします。
また、三重県会計規則(以下「規則」という。)第75条第4項各号のいずれかに該当する場合は、
契約保証金を免除します。ただし、規則第75条第4項第1号、第2号又は第4号に
該当するときを除き、更生(再生)手続中の者については、契約保証金を免除しません。
なお、契約保証金の免除の判断は、過去3年間に当該契約と規模を同じくする契約を締結し、
当該契約を履行した実績の有無を示す証明書によります。
(3)契約書は2通作成し、双方各1通を保有します。なお、契約金額の表示は、消費税等を
内書きで記載するものとします。
(4)契約は、みえジビエ推進コンソーシアムにおいて行います。

7 監督及び検査
   契約条項の定めるところによる。また、履行確認は、委託業務完了後において別途
指示する日時において実施します。

8 委託料の支払い方法及び支払時期
  委託料の支払いは、委託業務が完了し、履行確認が行われた後に行うものとします。
 
9 見積もり及び契約の手続きにおいて使用する言語及び通貨
  日本語及び日本国通貨に限ります。

10 暴力団等排除措置要綱による契約の解除
契約締結権者は、受注者が「三重県の締結する物件関係契約からの暴力団等排除措置要綱」
第3条又は第4条の規定により、「三重県物件関係落札資格停止要綱」に基づく
落札資格停止措置を受けたときは、契約を解除することができるものとします。

11 不当介入に係る通報等の義務及び義務を怠った場合の措置
(1)受注者が契約の履行にあたって暴力団、暴力団関係者又は暴力団関係法人等による
不当介入を受けたときは、次の義務を負うものとします。
① 断固として不当介入を拒否すること。
② 警察に通報するとともに捜査上必要な協力をすること。
③ 発注者に報告すること。
④ 契約の履行において、暴力団、暴力団関係者又は暴力団関係法人等による不当介入を
受けたことにより工程、納期等に遅れが生じる等の被害が生じるおそれがある場合は、
発注者と協議を行うこと。
(2)契約締結権者は、受注者が(1)②又は③の義務を怠ったときは、「三重県の締結する
物件関係契約からの暴力団等排除措置要綱」第7条の規定により
「三重県物件関係落札資格停止要綱」に基づく落札資格停止等の措置を講じます。

12 企画提案にあたっての質問の受付及び回答
 (1)質問の受付期間
   平成31年2月5日(火)15時まで
 (2)質問の提出
   企画提案コンペに関する質問は、文書(様式自由、ただし規格はA4版)にて
行うものとし、14に記載する連絡先まで、持参、FAX、電子メールのいずれかの方法で
提出する。FAX、電子メールの場合は、送信後、電話にて着信の確認を行うこと。
    なお、質問文書には、組織名のほか、回答を受ける担当窓口の部課名、担当者氏名、
電話及びFAX番号、電子メールアドレスを明記すること。
   企画提案に関する質問は、次のとおり必ず文書を提出して行うこと。
 (3)質問の内容
   質問は、原則として当該委託業務にかかる条件や応募手続き的な事項に限るものとし、
企画内容に関する照会にはお答えできません。
 (4)質問に対する回答
   平成31年2月7日(木)までに電子メール、FAXのいずれかにて回答する。また、
受け付けたすべての質問及び回答については、みえジビエホームページに掲載します。

13 その他
 (1)企画提案書の作成に必要な費用については、各提案者の負担とします。
 (2)提出期限後の提出書類の変更、差し替え、再提出は認めません。
 (3)提出のあった企画提案書等の資料は返還しません。
 (4)契約にあたり、原則として再委託は認めません。ただし、契約業務の一部を
委託する場合について、みえジビエ推進コンソーシアムの承諾を得た場合は
この限りではありません。
 (5)委託業務に従事する者または、従事していた者は、個人情報の取扱いに係る
関係法令に違反した場合には、罰則の適用があるので、個人情報の取扱について十分に留意すること。
 (6)企画提案書を提出した後に辞退する際には、その旨を任意様式により速やかに提出すること。
 (7)以下のいずれかの事項に該当する場合は、失格または、無効となります。
   ① 提出期限を過ぎて提出書類が提出された場合
   ② 提出した書類に虚偽の内容を記載した場合
   ③ 審査の公平性に影響を与える行為があった場合
   ④ 本募集要領に違反すると認められる場合
(8)みえジビエホームページ整備業務委託については、三重県会計規則など三重
県の規則等に準じるものとします。



 
14 連絡先
〒518-0809  三重県伊賀市西明寺2870
みえジビエ推進コンソーシアム事務局
担当 中野 和彦
TEL 0595-21-2229
FAX 0595-21-3964
E-mail kazuhiko-nakano@sanshoku.co.jp



2018年12月29日
新登録制度に係る説明会及び講習会の開催について
新登録制度制定にあたり、制度の内容に関する説明会及び講習会を
以下のとおり開催します。
日時:平成31年1月25日(金)13:00~16:30
会場:三重県勤労者福祉会館 講堂(三重県津市栄町1丁目891番地)
内容:みえジビエフードシステム登録制度の内容説明、登録に係る講習会
詳細:別添「みえジビエフードシステム登録制度説明会及び新登録制度の
講習会の開催について」をご確認ください。


制度に関するお問い合わせ
〒514-8570 三重県津市広明町13番地
三重県農林水産部フードイノベーション課 (担当:真弓)
Tel 059-224-2391   Fax 059-224-2521   
e-mail f-innov@pref.mie.jp

【添付資料】
①みえジビエフードシステム登録制度実施要領(PDF)
②みえジビエフードシステム登録制度概要(PDF)
③様式集(Word)
④みえジビエフードシステム登録制度に係る説明会及び講習会の開催について(PDF)
⑤申込書(説明会及び講習会)(Excel)
2018年12月29日
みえジビエフードシステム登録制度の制定について
三重県では、高品質で安全・安心な野生の鹿肉や猪肉を流通させるため、
平成24年3月に「『みえジビエ』品質・衛生管理マニュアル」を定め、
平成25年12月から「みえジビエ登録制度」に基づき解体処理、
加工品製造、販売、飲食の事業者の登録を進めてきました。
今回、生産現場での衛生管理の徹底や高品質化の取組をさらに
進めるため、現行のみえジビエ登録制度(以下、「現登録制度」という。)
の内容を見直し、新たに「みえジビエフードシステム登録制度」
(以下、「新登録制度」という。)
を制定しました。
制度の詳細については、別添「みえジビエフードシステム実施要領」
「みえジビエフードシステム制度概要」をご確認ください。

(1)新登録制度のポイント
これまでは登録対象を施設(お店)及び事業者としていましたが、
それに加えて、「人材」(みえジビエハンター、みえジビエ解体処理者、
みえジビエマスター)を登録の対象とします。
これら「人材」を新たに登録対象とすることにより、より高いレベルでの
みえジビエ品質・衛生管理の確保と推進に取り組みます。

(2)新登録制度の運用開始日
 新登録制度については、制定日である平成30年12月21日(金)から
平成31年3月15日(金)までを運用開始に向けての手続等を
実施する期間と位置づけ、平成31年3月16日(土)から本格的に
運用を開始します。
なお、現登録制度の登録事業者の皆様が新制度への登録を
スムーズに行えるよう、新制度への移行期間として
現登録制度は平成31年3月15日(金)まで有効とします。

制度に関するお問い合わせ
〒514-8570 三重県津市広明町13番地
三重県農林水産部フードイノベーション課 (担当:真弓)
Tel 059-224-2391   Fax 059-224-2521   
e-mail f-innov@pref.mie.jp

 

トレーサビリティ検索

みえジビエ精肉のラベルに記載されているトレーサビリティ用の番号(アルファベット1文字+数字10桁)を半角英数字で入力後、検索ボタンを押してください。

ラベル見本